ラジオを週に1回以上聴く人は3割、radiko.jpを「知っている」人も3割!


【関連記事】・radikoを番組表から簡単に予約録音できる人気ツールって?



ラジオを週に1回以上聴く人は30パーセント

これから紹介するのはリサーチバンクが2013年9月に、10代-60代の老若男女、1200人を対象におこなったアンケート結果です。1200人対象のデータで、ラジオを週に1回以上聴く人の割合は全体の30%ほどだったそうです。(データ引用元:リサーチバンクの調査結果

この数字を多いと思うか少ないと思うかは個人の価値観によっても違うかと思いますが、私は意外と多いな、という印象を受けました。現在の60歳といえば1990年頃に30代中盤だったわけですから、十分テレビに慣れ親しんでいてあまりラジオなんて聴かない、と思っていました。ここは結構意外だったところです。

 
WS000385
 


radiko.jpを知っている人の割合は30.7パーセント

radiko.jpの知名度はやはり凄いですね。10代、20代、30代、40代、50代、60代からそれぞれ無差別に男女100人ずつを選んで集計したアンケートで、なんとラジコを知っている人の割合は30パーセント程度でした。3-4人に1人はradiko.jpを知っている、という計算ですね。もう少しマニアックかと思っていましたが、思いのほか有名なようです。

さらに男性にいたっては、全体600人の38.8パーセントが「知っている」と回答、「名前を聞いたことがある」と回答した層まであわせると、全体の57パーセントと半数以上がradikoの存在を知っていることになります。凄い!

 
WS000386
 
ラジオの広告市場規模は2013年の電通の発表によると、1243億円規模、前月比ほぼ100パーセント。今後明らかに縮小していく、といわれてからかなり経過していますが、意外と健闘している、というのが多くの人の感想ではないでしょうか。ローカルエリアで、主要なリスナー層である40-50代のリスナーの聴取率が回復傾向にあるようです。radikoなどのインターネットラジオサービスもどんどん認知されていくでしょうし、まだまだ今後が期待できそうです。

 

【おすすめ】radikoを簡単に予約録音できるソフトがあります

ラジオグラバーはradiko録音ソフトとして定評のあるPC録音ツールです。radikoの番組表検索機能から、番組を選ぶだけで簡単に予約録音が可能。

毎日、毎週、同じ時間帯に放送している番組の自動録音(定期録音)もできます。プレミアム会員なら全国radikoの録音にも対応。

録音ソフト詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ