本ラジオ放送とradikoを同時に聞くと、radikoのほうがやや遅い理由


【関連記事】・radikoを番組表から簡単に予約録音できる人気ツールって?



私も最近知ったのですが、本ラジオ放送とradiko.jpを同時に聴取した場合、ラジコの音声のほうが少し遅れて聞こえるみたいですね。かなり小さい豆知識ですが、ラジオ本放送を聞いたほうが数秒やや早くラジオ放送を聴取することができます。
なぜこんなことがおこるのでしょうか?

こちらの知恵袋にその回答がありました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12130104507

 
WS000239
 

radikoはデジタル加工をおこなっているため数秒ラグが発生する


結論からいうと、ラジコはネット配信という関係で一度デジタル加工をおこなっています。
このときに数秒の遅れ、つまりラグが発生する、というメカニズムのようですね。
特にそれほどの問題はないはずですが、1秒でも早くリアルタイムでラジオを聴取したい、という場合には、ネット配信よりも本体のラジオ放送を聴取したほうがよさそうですね。

 

バッファ処理中…という表示がでて音がプツプツになる


一方、バッファ処理中という表示がでて音がプツプツする、という意見もあります。これは単純に回線やメモリ不足が原因です。
最近だと光ファイバーの家庭も多いので、ネットラジオ放送で回線が足りないということはあまりない気がしますが、
wifiなどの無線通信環境で電波の弱いところだったり、PC自体がメモリ不足だったりすると、そういう可能性もあるようです。

基本的にradikoの配信は、HE-AACというフォーマットで配信しているので、かなり低いビットレートにも関わらず高音質で配信することができています。
(ビットレート数でいうと、radikoの放送はわずか48kbpsしかありません)
なのでラジコの放送で回線落ちになるということは、最近の通信環境だとPCではあまりないと思います。
スマホの場合は専用のアプリがありますので、ブラウザを使うのではなく専用アプリで聴取するようにしましょう。

 

【おすすめ】radikoを簡単に予約録音できるソフトがあります

ラジオグラバーはradiko録音ソフトとして定評のあるPC録音ツールです。radikoの番組表検索機能から、番組を選ぶだけで簡単に予約録音が可能。

毎日、毎週、同じ時間帯に放送している番組の自動録音(定期録音)もできます。プレミアム会員なら全国radikoの録音にも対応。

録音ソフト詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ